牛飼いのつぶやき

茨城県で80頭の黒毛和種肥育と繁殖経営を行っている畜産農協連直営の牧場ブログです。2014年からスタートし、今年で4年目になりました。

とんでもない暑さです
牛も人もバテています
できることはやってあげようと、今年は色々と設備投資しました

お馴染み工業扇風機
熱中症っぽい牛さんには必要不可欠
IMG_20180716_112804



続いてスポットクーラー
全体冷却とまではいきませんが、毎日バテていた牛さんが独占中
IMG_20180716_112745
IMG_20180716_112756
IMG_20180716_112806




そして今年一番の目玉
IMG_20180716_111757
IMG_20180716_111810
ホームセンターで購入したスプリンクラーが低水圧で稼働せず、専門の方に相談したところ、家庭用ポンプでも散水できるスプリンクラーがあるとのこと

屋根散水は効果抜群


しかし日中は暑さが多少弱まるくらい
やっぱりしっかりと牛さんの観察をして、症状があまり良くない牛さんには水をかけたりは毎日のこと

夏はまだ始まったばかり
絶対に事故を起こさないために、できることは最大限やっていきます

1年ぶりの出荷が始まりました。
まずは東京の常陸牛研究会
出品牛は宮城全共候補牛だった牛です。
血統は北平5×平茂勝×第1花国(去勢)
北平5は「平茂勝×北国7の8×紋次郎」
宮城全共でも立派な成績を残した種雄牛です。
IMG_20180401_074848

IMG_20180401_074923

通常より若干早めの28ヶ月齢での出荷でした。
どうよこれ・・・
1522747056885

1522747058924

633㎏ A5 BMS12
これはさすがに予想のはるか斜め上
このカブリやバラは安福久母体じゃない分、北平5のもつ能力がうかがえます。

とまぁ宣伝も兼ねたご報告でした。

実は今回の出荷に関して記録&記憶しておかなければならないことがあります。
出荷の際、写真にあるように牛舎から牛を出してローダー横に繋留していました。
通常ならば牛舎内に繋留しておくところを、運搬車への積込みが少しでもスムーズに進めばと考えた自分の判断でした。
これが致命的なミスでした。すべて自分の責任です。
牛がローダーのバケットに躓き、転ぶという絶対にあってはいけない繋留をしました。
2年間大切に育ててきた牛に、絶対にしてはいけないことをしました。
結果は予想通り「左ばらアタリ」。
アタリ以上にここまで頑張った牛に対して自分のしてしまったミスを大反省しました。
痛恨の極みです。
今後はこのようなことが無いよう、最後の最後まで気を配って牛飼いしていきたいと思います。
イチローごめんよ。それから本当にありがとう。またな

長い肺炎治療から解放されたチビ

週に数回のネブライザーはまだ必要だけど、

最近は発熱もなく、とにかく元気
1521371028935
1521371144934
1521371340350

心配なのがいずれやって来る夏の暑さ

肺が壊れかけたチビにはかなり厳しいはず

できることはしてあげたいけど、出荷も視野に入れて考えないと、チビが再び苦しい思いをすることになるかも


このページのトップヘ